2011年09月29日

再びはじまりましたB


9月18日(日)「ワインツーリズムを体感する旅」第17弾“再びはじまる”を開催しました。

午後は、歴史あるワイナリー「まるき葡萄酒」へ。
IMGP3938.jpg
めずらしいコルクの木がありました。
IMGP3950.jpg
長くぶどう栽培に携わってきた伊藤秀一さんは、「まるき葡萄酒」に来て4シーズン目。
その最初のシーズンから「より自然な環境の中でぶどうを育てたい。」と草生栽培をはじめました。
それまでは土が固く、生えている草も高かったのが、2年目から低くやわらかい草が生えるようになり、土もやわらかくなってきたそうです。
IMGP3955.jpg

IMGP3971.jpg

IMGP3973.jpg
伊藤さんもこれまで飲む機会がなかったという古酒「カベルネフラン1987」もテイスティング。貴重な体験でした。
IMGP3986.jpg 

続いて、「シャトーメルシャン」へ。第17弾にして初めて訪問する大手ワイナリー。打ち合わせ段階からとても新鮮でした。
IMGP3995.jpg
セミナー形式で元工場長の上野昇さんにワインの詳しいご説明をお聞きしながらテイスティングをしました。
IMGP4034.jpg

IMGP4058.jpg

IMGP4071.jpg
ワイン資料館は何度も来ていましたが、なかなか聞けない面白いエピソードも聞くことができました。
IMGP4093.jpg
上野さんは「大手ワイナリーというと大量生産と思われがちですが、中小ワイナリーと同じ取り組みをしているんです。」と語られました。
これまで、各ワイナリーに情報、技術を公開し続け、産地を支えてきた「シャトーメルシャン」、上野さんのお話しから大手ならではの他社にはなかなかできない努力もされていることがよくわかりました。
IMGP4112.jpg
最後は、新田商店の蔵の中でのワイン会。
IMGP4119.jpg
新田さんも少し酔いながら、「今日は気分が良いからもう1本開けちゃいます。」
今回も時間延長となりました。

初参加いただいた方も多く、お酒を飲むのが大好きという方から毎週勝沼に来てぶどう栽培に関わる方までさまざまな方々にご参加いただきました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

次回は、11月19日(土)「ワインツーリズムを体感する旅」第18弾です。
現在、企画は大詰めですので、もうしばらくお待ちください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

posted by tabizen at 10:16| 日記

2011年09月28日

再びはじまりましたA


9月18日(日)「ワインツーリズムを体感する旅」第17弾“再びはじまる”を開催しました。

ランチは、今月オープンの「−勝沼食堂−パパソロッテ」。
IMGP3894.jpg

IMGP3905.jpg
大月の老舗酒屋の4代目で、日本を代表するワインアドバイザーの長谷部賢さんがオーナーのお店です。
発売したばかりのデラウェアの新酒でお迎えいだだきました。
IMGP3898.jpg
「ワインと地元の食材を使ったイタリア料理を気軽に楽しんでいただきたい。」と話す長谷部さん。
ご案内役の新田正明さんの上げたハードルを軽く飛び越える軽妙なトークと深い知識でとても楽しい時間となりました。
IMGP3912.jpg

IMGP3916.jpg

IMGP3924.jpg

IMGP3928.jpg
シェフの西村亮さんにもご挨拶いただきました。
西村シェフのイタリア料理と長谷部さんセレクトのワイン、楽しい時間に大満足でした。
広島出身の西村シェフ、これからは山梨の食材と広島の食材を使ったイタリア料理も楽しめるそうです。

余談ですが、長谷部賢さんは私が「ワインエキスパート資格」の勉強を始めたときから教えていただいているワインの先生でもあります。
私も6月にタビゼンをスタートさせたばかり、今回の旅の打ち合わせ段階、当日と長谷部さんのレストランオープンへの想いを感じることができ、とても勉強になりました。

「ワインツーリズムを体感する旅」第17弾、続いては「まるき葡萄酒」へ。

posted by tabizen at 07:02| 日記

2011年09月27日

再びはじまりました


9月18日(日)「ワインツーリズムを体感する旅」第17弾“再びはじまる”を開催しました。
第17弾ですが、タビゼンとしては第1弾、不安もありましたが、おかげさまで定員の15名の方々にご参加いただきました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

まさに実りの秋、天候にも恵まれ、たくさんのぶどうが実をつけた勝沼の風景を満喫しながらの旅となりました。
「勝沼人の大地」の畑は、息が切れるほどの急斜面を登ります。
IMGP3817.jpg
しっかり体操をして、
IMGP3824.jpg
どんどん登ると
IMGP3828.jpg
特製デッキで少し休憩。
IMGP3835.jpg
甲府盆地を一望できる最高の景色でした。
IMGP3839.jpg
さらに歩いていくと、「勝沼人の大地」の甲州ぶどうの畑に到着。
IMGP3878.jpg
今年からこの畑を受け継いだ竹田理子さんが迎えてくれました。
「まだまだ経験は浅いですが、女性として違った視点で栽培をみることができる。」という竹田さんは、「できるだけ自然に逆らわない栽培をしたい。私はそこからぶれないようにやっていきたい。」と静かに熱く想いを語り、ご参加者の皆様のご質問にも丁寧にお答えしていました。
IMGP3852.jpg
この後、登ってきた斜面を下り、「勝沼人の大地」のマスカットベリーAの畑へ。
旅はまだまだ続きます。
posted by tabizen at 19:21| 日記

2011年09月21日

温泉ミーティング


9月18日(日)「ワインツーリズムを体感する旅」第17弾“再びはじまる”無事終了しました。
後日、このブログでも報告したいと思います。

次は9月23日(金)「最高のぜいたく」〜八ヶ岳の夕暮れ編〜です。
ロケット農場とタビゼンの地元、山梨県北杜市高根町で行う旅です。

一昨日、ご案内役で現在秋野菜で大忙しのロケット農場岸根さんとの詰めの打ち合わせは予定を変更し、今回の旅でも入浴していただく「たかねの湯」で行いました。
201109191902000.jpg
みんな温泉が好きですね。ここに来ると地元の方々と必ずお会いします。
汗がたくさん出て本当に疲れがとれます。

入浴しながらと入浴後、気づいたら3時間近く話していました。
天気のこと、農作業のこと、料理のこと、地ビール、ワイン・・・、今回の新企画がどうすればよりよいものになるのか。

当日まで考え続けます。
posted by tabizen at 05:11| 日記

2011年09月19日

“始動その後”(マイ「ワイン碗」をつくろうプレ企画)のご報告


9月10日(土)にタビゼンとしての初企画を開催しました。
今年2月の「ワインツーリズムを体感する旅」第15弾“始動”にご参加いただいた16名の方々と同伴者限定でお声をかけさせていただき、“始動その後”というタイトルで開催しました。
IMGP3686.jpg
少人数での開催となりましたが、ご参加者、ご協力者の皆様とともにとても良い時間を過ごすことができました。
この日の気持ちを忘れず、これからも頑張っていきたいと思います。

この企画は、来春から開催の決定した「マイワイン碗をつくろう」のプレ企画でもありました。
今年5月から少しずつ「陶房窯八」大橋さんご夫妻、「ルミエールワイナリー」小山田さん、「森のカフェレストラン灯鳥(ぽとり)」日登さんと打ち合わせ、準備を重ねてきました。
IMGP3498.jpg
IMGP3535.jpg
IMGP3567.jpg
IMGP3624.jpg
IMGP3657.jpg
IMGP3708.jpg
「マイワイン碗をつくろう」は来年3月(つくる)、5月(たく)、7月(のむ)の
3回シリーズで開催します。
概要、詳細はホームページにアップしていきます。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
posted by tabizen at 18:27| 日記